中村被服の新卒・既卒採用求人 | 総合職 |防府市

中村被服 株式会社

【中村被服 株式会社】防府市の求人|老舗縫製メーカーの総合職|新卒・既卒採用

業 種
アパレル・ファッション関連
職 種
総合職
  • シェアNo.1や特化技術等あり
  • 社宅・家賃補助制度あり
  • 商品・サービスの知名度が高い
  • 残業月20時間未満
  • 資格取得支援あり
  • 感謝がやりがいになる仕事

この求人のアピールポイント

創業100年を迎えようとしている老舗縫製メーカーの中村被服 株式会社! 園児服のKIRINJIブランドは10%もの国内シェアを誇っており、全国約45,000園ある幼稚園・保育園の内、約4,000園に向けて、園児服・体操着・カバンなどの提供を行っています。 西日本を主力エリアとして、北は北海道、南は沖縄まで全国各地で高い評価を受けています。

  • 企業紹介
  • 先輩社員
  • 専務
    インタビュー
  • インターン
  • 企業説明会
  • 採用情報

園児服メーカーとして全国でも高いシェアを誇る中村被服




中村被服は、創業100年を迎えようとしている縫製メーカーです。
KIRINJIブランドで有名な園児服に関しては約10%もの国内シェアを誇っており、全国約45,000園ある幼稚園・保育園の内、約4,000園に向けて、園児服・体操着・カバンなどの提供を行っています。
西日本を主力エリアとして、北は北海道、南は沖縄まで全国各地で高い評価を受けています。

園児服メーカーならではの安定した経営が魅力!


アパレル業界は流行り廃りに敏感な業界です。
今期流行した服も次の年には半額以下で販売される事は当たり前の業界です。
しかし、園児服はそう言った流行に左右されません。
また、一度お取引をさせていただいたお客様(幼稚園・保育園)は制服という、園の象徴という性質上、長いお付き合いをしていただけます。
生産計画が立てやすく、安定供給ができ、在庫リスクも少ないのが特徴です。
そのため景気の影響を受けづらく、安心して働く事ができます。




アパレルにはない、制服だからこそできる「服育」という社会貢献!


私たちは制服という物は、生活習慣を作っていく道具だと考えています。
人と会う、運動する、作業するなどTPOに合わせて、自然と適した服を選べる事は人として大切な能力であります。

例えば誰かと会う時に、ジャージで会う方は少数だと思います。
洋服という文化を日本人が取り入れてから百数十年程度ですが、ほとんどの日本人が感覚的に洋服を選んでいると思います。

例えば、ビジネスマンはネクタイを締めて、ジャケットを着用して仕事をしていますが、毎朝、お客様に対して礼儀を持った服装で臨みたいという意識をして着ている人は数少ないと思います。
では、なぜそのような服装をするのかと言えば、今までの生活習慣から無意識に適した服を選んでいるわけです。

運動する時には、スーツのパンツは織物の服なので生地が伸びにくく不向きです。
しかし、伸びにくいという事は着ていて着圧感があり、だらしない恰好ができにくい服です。そういう服を着る事で、自分の行動や所作もある程度制限され、正しい姿勢で相手に臨む事が自然とできます。
逆に、ニットの体操服やジャージ素材の物であれば伸縮性に富み、運動する時には適しています。
そういった場面・場面で自然と適した服を選ぶ事をできるのが、日本人がこの百数十年で育んできた文化だと思います。

そういった事を大人が子供達に潜在的に教えていく事で、場面に応じた服を選ぶ習慣を作っていく事が「服育」であります。

みなさんがボタンの付け外しを意識せずにできるのも、幼少期にボタンを留めるトレーニングをしているからです。

私たちはメーカーとして、制服を作るにあたり、見た目だけでなく、子どもからすると留めづらいボタンやファスナーをあえて使う事で子ども達の成長につながればという想いを込めて作っています。
そこが、他の洋服づくりにはない醍醐味であると思います。
制服を通して、日本の文化の一つを作っていける会社でありたいと思っています。
私たちの仕事は、子どもたちの成長に貢献する、誇りの持てる仕事です!



中村被服株式会社の未来を創る総合職の募集!


現場を知り、お客様を知るメーカーならではの総合職


総合職はまずは、生産工場でどのように服が作られるのかを覚える事で、商品知識を身に付けます。
その後、営業として全国各地を回り経験を積みます。
その時に、コミュニケーション能力をはじめ、お客様のニーズや業界の動向など様々な事を勉強して成長していただきます。
その後、「総務」「営業」「製造」などその人に合った部門の責任者として中村被服を引っ張っていただきたいと思っています!


全国各地を巡る!楽しさがある


全国各地のお客様を訪問して商品を受注したり、お客様のニーズをヒアリングしながら商品提案したりします。
92.5%が既存のお客様へのルート営業ですが、商品のブランド力が高いので、新規のお客様にも提案しやすいです。
新規営業も園長先生や主任の先生などやさしい方がほとんどなので、きつい対応をされる事がほとんどないのも業界ならではの特徴です。

月曜日から金曜日まで県外で働いて、土日は地元でゆっくり休めるという働き方ができます。
また、ルート営業メインといっても県が変わるのでマンネリ化が一切なく、いつも新しい発見の連続です!
休憩時間や業務終了後にちょっとした観光ができるところも魅力の一つです。
また、食事はご当地グルメを味わえるなど、楽しい事がたくさんあります!

社員インタビュー




広田さん(入社11年目)


入社のきっかけを教えて下さい。


広田:関西で広告代理店など違う職種で営業職の仕事をしていましたが、地元山口県へ戻りたいと思い、新山口で県内企業の就職説明会が開催されていたのでそこに参加しました。
そこで中村被服に出会った事が入社のきっかけです。
昔からアパレル業界への憧れがずっとありましたが、なかなか機会がなく、このタイミングでやっと出会えたチャンスという事でチャレンジしました!

アパレルへの憧れはいつからありましたか?


広田:中学・高校・大学と服が凄く好きで、大学は滋賀県でしたが、大阪に毎週ウィンドウショッピングに行っていました。
当時は買えるお金を持っていなかったので見るだけでしたが、それでも凄く楽しかったです。
服に携わる仕事がしたいと思うようになったのが大学生の頃ですね。

アパレルメーカーの仕事ってどんなイメージでしたか?


広田:正直想像ができなかったですね。
バイヤーなのか生産に携わるのか、実際に中に入ってみないと見えて来ない部分があります。
当時は具体的に明確な目標があった訳でもなく、とにかく服に携わりたいという思いだけで、挑戦してみれば何かルートが見つかるだろうと思っていました。

園児服に対しては、どのようなイメージを持ちましたか?


広田:小さい頃に着ていた服というイメージしかなく、ホームページを見たりして情報収集をしました。今の会長にあたる中村元彦の映像をネットで見て、「縫える物は何でもやろう」という発言があり、縫う事ができれば品物は服に限らず何でもできるのだと知り、今まで自分が培ってきた営業経験と、縫うというキーワードから可能性を感じた事を覚えています。

生産管理部門ではなく、営業で入社されたのですね。


広田:そうです。今でこそ、生産管理部門に所属していますが、所属してまだ1年半くらいです。
それまでずっと営業をしていました。
今の部署となり、営業という立場からだと見えていなかった事が見えるようになりました。
服がどのようにできているかという事も、今の部署に来るまではほとんど知らなかったです。
営業時代、服の見た目の話ししかできていなかったと感じました。

10年近く営業に携わっていても、分からない部分が結構あるのですね。


広田:ありますね。営業マンは出来上がった製品を基本的に扱います。
しかし、生産サイドは、服一着に対して、様々なパーツを組み合わせて作っていきます。付随しているアイテムを含めると膨大なパーツに分ける事ができます。
生地から始まり、ボタンなどの付属品があり、部分によって糸を使い分けたりします。
何千品番とある製品の一つ一つに決まった作り方があります。
また、そこに凄さを感じ、それを管理する事は責任重大な仕事なのだと思いましたね。

総合職は工場を経験して、その後営業に入るという事ですが、始めに製造の現場を経験できる事は、今後仕事をしていく上で大きな意味がありますか?


広田:ありますね!初めに工場で働く事で、アパレルの奥深さの入り口に立てると思います。
そうする事で、営業に出た時に当社の製品の良さをお客様にプロとして伝える事ができると思います。
また、そこがメーカーの強さだと思います。
そして、営業に出ていき様々な地域を回りながら、お客様のニーズを把握して生産側に伝え、それを形にしていくという循環ができ、お客様のニーズに合わせた製品を提供できます。



広田さんが生産管理部門に配属されたきっかけを教えて下さい。


広田:出張に回っている所に中村専務が来られて、一度営業を離れて生産の手伝いをして欲しいと言われたのがきっかけです。
3日程悩みましたね。私は営業で育ってきた人間なので、営業を辞める事は勇気がいる事でした。
決断できたのは、中村専務に言われた「物作りの背景を知った人間になると会話の厚みが増す」という一言でした。
背景を知って話をする事と、知らずに話をするのでは説得力が変わってくるので、それを学ぶ良いきっかけだと言っていただいて、成長するチャンスととらえて部署を異動しました。

実際に仕事をしてみていかがでしたか?


広田:こんなにも自分が服作りについて知らなかったんだと叩きのめされました。
一つ製品を作るのに、こんなにも苦労があるとは営業をしていたころは気づかなかったです。
しかし、良かった事は営業の苦労も工場の苦労も知る事ができたので、営業の言い分も理解できますし、工場の言い分も理解ができました。
どちらの意見にも偏らずに話ができるようになりました。
どちらかしか知らなければ、自分達の言い分をただ言い合うだけの衝突になりますが、両方の仕事が見えている事は、この仕事をする上でとても大きな事です。
多角的な目線を持てる人間として、自分を成長させられるポジションだと思います。

営業と製造を経験して気付いた中村被服の凄い所を教えて下さい。


広田:自分達の工場がある事で細かい対応ができる事は圧倒的に凄い事だと思います。
お客様のオーダーに対してスピーディーできめ細やかな対応ができるので、お客様から高い評価をいただけています。
当社は創業100年を迎えようとしていますが、そういった積み重ねが今を作っているのだと思います。






萩尾さん(写真左)と 渡辺さん(写真右)


入社のきっかけを教えて下さい。


萩尾:前職は転勤のある企業に勤めていて、子供もいるので転勤のない安定した企業に転職しようと思いました。また、奥さんの地元が防府でしたので、中村被服は創業から長く地元の方から愛される会社という事もあり転職を決めました。園児服の販売という事で自分自身の性格にも合っていると思い入社しました。

渡辺:大学卒業をして、福岡県で就職して働いていましたが、防府に帰る事になりました。就職活動をしていて、中村被服は防府市内では有名な会社である事にも魅力を感じましたが、私自身が子どもの頃に中村被服の園児服を着ていた事が分かり、ご縁を感じて入社に至りました。

萩尾さんは福岡ご出身ですが、山口に来る事に抵抗はありましたか?


萩尾:前職で山口県内の店舗に異動した事もあり、山口県には馴染みもありました。また、奥さんの地元でもあるので子育ての面でも実家に近かった中村被服は魅力的でした。

実際に入社して、入社前とのギャップはありましたか?


萩尾:入社前に出張が多くあると伺っていたので大きなギャップはありませんでしたが、1月から3月は出荷作業があり、営業職で入社したので営業のみ仕事をすると思っていましたが、出荷作業をする事へのギャップはありました。しかし、沢山の種類の商品を出荷するにあたり実際に商品を手に取って知識を深める事には非常に役立つと思いました。

渡辺:ギャップはあまり感じなかったですね。
入社時に聞いていた内容と相違もありませんでしたし、前職でルート営業をしていたので営業活動にもすぐに慣れました。



前職の営業職と比べて、良かった点を教えて下さい。


渡辺:新規のお客様へ営業にお伺いした際に、名刺をお渡ししたら、会社名を見て話を聞いていただける事が多いので、会社自体にブランド力があり営業しやすいと感じました。
また、お客様が良い方が多いのでストレスなく営業ができます。

実際に働いていて大変だった事や努力した事を教えて下さい。


萩尾:大変な事は長距離運転がある事です。私は入社して慣れるまで時間が掛かりましたが、1年程経つと距離に慣れていきました。100キロという距離に入社時は長いと感じていましたが、今では近く感じますね。慣れてくると平気になります。

渡辺:製品の知識をつけるのが一番大変だと思いました。当社には多くの種類の製品があります。
製品について、どれだけの引き出しを自分自身が持っているかで営業力に違いが出てきます。
入社時は引き出しが少なかったので、苦労しました。

お客様の回り方はどのようにしていますか?


萩尾:基本は車で移動なので、まずは先輩から引き継がれている効率良く回れるルートから回り、その後自分の回りやすいようにアレンジする事もあります。営業マンによって回り方は違ってくるので、地理に強い方は上手く回れると思いますが、私は基本的に方向音痴なので、先輩から教えていただいたルートに肉付けをして動いていますね。

営業先ではどのようにお話しますか?


萩尾:皆さんがイメージしている営業とは少し違ってくると思います。
制服なので即断即決という事がほとんどなく、継続してアプローチしなければいけない商品なので、まずは世間話をして制服の提案を時間をかけてお勧めしていきます。
制服だけではなくて、園用品や先生用のジャージやユニフォームも取り扱っているので、そのような即断即決できる商品を勧めて、そこから長期スパンで制服のお勧めをしていっています。

渡辺:わたしは1時間の商談で商品の話は一割程度です。まずはニーズを確認しなければ提案ができないので雑談の中で段々話を絞っていき、園の事情や求めている物を聞いていくようにしています。

中村被服の強みや良さを教えて下さい。


萩尾:ブランド力があり、園長先生達からの評価も非常に高いです。中村被服が勧めるならば大丈夫と思っていただける程、製品がしっかりしていますね。自社工場がある事と、元々は軍服を取り扱っていたので縫製力の高さも評価の一因だと思います。

渡辺:会社の歴史の長さが一番の強みですね。お客様に寄り添った営業を先輩方がしてこられたからこそ、お客様から声を掛けていただいたり、安心していただけるので、今の私たちが不安なく営業ができているのだと思います

遠方に伺う事の面白みを教えて下さい。


渡辺:自分の考えの幅が広がる事ですね。土地の事も分かるようになり、その土地の人間性も知る事ができます。自分の肌でさまざまな地域の違いを感じる事ができるのは、仕事の中での楽しみでもありますね。

萩尾:山口に居ながら様々な場所へ行ける事は、中村被服でなければできない事だと思いますね。旅番組とか見ていて、自分が伺った場所が出ると嬉しくなりますね。
慣れてくると第二の故郷がたくさんできて愛着が湧きます。
営業先でも園長先生と仲良くなると、地元の良い場所や美味しいご飯屋さんを紹介していただいたりもするので、ますます営業が楽しくなります。



社内の方とのコミュニケーションはいかがですか?


在社期間も設けられているので、その期間は話をする機会があります。
しかし一回出張に出てしまうと一ヶ月会わない人もいますね。
ブロックごとに月に1度ミーティングがあるので、ブロックの方とはしっかりコミュニケーションが取れています。

社内の雰囲気はいかがですか?


萩尾:とてもアットホームな印象を受けました。一回り二回り年齢が上の自分の父親世代の先輩方には、面倒を見ていただいています。

渡辺:皆さんON・OFFがしっかりしていますね。

仕事中はビシっと仕事に取り組みますが、就業時間が終わった後は雰囲気が全く違いますね。様々な場所を周っているので、共通の地域の話ができる方が5~6名いるので話が盛り上がったりしますね。顔を合わせる期間が少ないからといってピリピリしている雰囲気はありません。

学生へ向けたメッセージをお願いします。


萩尾:フットワークの軽い方は非常に向いていると思います。制服の営業という事もあり、制服に限ると5年通って1回チャンスがあるかというような仕事です。お客様と長くお付き合いをして信頼関係を築いていく仕事ですので、コミュニケーションが取れてコツコツと積み重ねる方にはお勧めですね。

渡辺:コツコツ積み重ねて仕事をしなければならないからこそ、毎週何かしら楽しみを見つける事ができる好奇心が強い方の方が向いていると思いますね。
また、その土地に行き先生とお話しする事で、自分よりも目上の方とお話しするからこそ勉強になります。
初めて行く土地など色々な事が、刺激になると思います。一度限りの関わりでは終わらないので、人付き合いが好きで、何事もプラス思考で受け止められる方は向いています。

中村専務へインタビュー




御社ではどんな学生を求められていますか?


学生時代に一生懸命にテーマを持って勉強をしている人や、社会人になるという自覚を持ち、好奇心を持って仕事にチャレンジしたいと思っている人を求めています。
学業でこんな成績を残した、アルバイト経験を通じてこんな事を学んだ、海外でこんな価値観を得られた、など人間としての面白みを感じさせてくれる人と出会いたいと思っています。

御社では入社後は、まず生産現場に携わっていくとの事ですが、なぜですか?


当社の仕事は人と人を繋ぎながらビジネスを繋げていく仕事です。
メーカーの人間として、自社で扱っている商品をしっかりと理解する事により、お客様との話にも深みが出ます。
営業に出れば、お客様にとっては営業マンが当社の代表です。
当社の製品の事を深く理解していれば、どんなお客様のニーズにも対応ができ信頼を勝ち取れます。
そのため、生産現場にいる間に商品の事を理解して、知識を付けてもらい、営業に出てお客様の声を直に聴きながら、マーケットを理解し、お客様に価値を提供できる人間になっていただきたいと思っています。

今後の御社の戦略を教えて下さい。


当社のマーケットは西日本が中心ですので、東京を中心にした関東方面へ進出していけるような体制作りをしていきたいと思っています。
それに対して人員も含め、社内の管理体制などを整えている最中です。
東日本のマーケットは西日本よりも大きいので、さらなる拡大が大いに望めます。

さらに、中国・ベトナム・台湾など海外から、日本の保育園・幼稚園で使っている道具を使いたいというニーズもあります。
そのような事を踏まえて、知的財産や商標の管理もしていくべき段階に突入したと感じています。
国内・国外両方に向けた戦略を立てて、さらなる飛躍を目指しています。


御社では、制服を単なる服ではなく、文化教育の1つと考えられているとの事ですが。


制服という物は、生活習慣を作っていく道具だと思います。
大人は場面に合わせて自然とそれに合った服を選びますが、子供の頃に場面に応じて、この服が相応しいと考えて選ぶ子供はいないと思います。
例えば、保育園・幼稚園でお弁当や給食を食べるなど、食に関する時はエプロンを着る事を習慣的にしていると、家でお菓子作りをする時に、子供が給食エプロンを着てお母さんの手伝いをしようとします。
どうしてそうするのかと問いかけると、「食事する時にこれを着ると幼稚園で習ったから」と言う話をする事があります。
親の立場からすると、幼稚園で良い習慣を付けて貰ったと嬉しくなると思います。
そういった子供たちの教育に寄与する事が私達の使命だと感じております。
こうした幼少期から、制服などを通して、場面に応じて相応しい恰好があるという事を潜在的に感じられるようになれば、文化レベルの高い大人になれると思っています。
当社はただモノを作って売るだけでなく、制服を通した文化教育を行う、社会に貢献できる会社でありたいと思っています。

インターンシップ

インターンシップに申し込む

企業説明会

企業説明会に申し込む

採 用 情 報

募集要項

総合職【幹部候補】

仕事内容

製造・・・製品の設計企画製造・自社工場、国内協力工場、海外協力工場の間の生産調整
営業・・・幼稚園・保育業界への制服等への営業企画及び販売

就業場所

〒747-0806 山口県防府市石が口2-9-1

雇用形態
正社員
給与

月給:200,000~230,000円

モデル給与

モデル年収:給与20万円(賞与含む)・・・年収300万円/給与23万円(賞与含む)・・・年収345万円

賞与
年2回(計3ヵ月)
年間休日
110日
学歴
第二新卒・大学卒(理系)・大学卒(文系)・高等専門学校卒
就業時間

8:00 ~17:00

休憩時間

60分間

時間外

月平均4時間

就業日
会社カレンダーによる
休日・休暇

年間110日(夏季・年末年始・産前産後休暇)

諸手当

昇給あり(年1回/9月)
通勤手当あり(上限12,000円)
退職金制度あり(勤続 3年以上)
資格取得補助あり(全額)
家族手当あり(配偶者15,000円/子供6,000円)
役職手当あり
その他手当あり(世帯主手当 10,000円)

加入保険等
雇用保険、社会保険、健康保険、労災保険、財形、厚生年金保険
特記事項

社外研修への参加及び服飾デザイン関連資格の取得を推奨しております。

提出書類

履歴書

  • 企業紹介
  • 先輩社員
  • 専務
    インタビュー
  • インターン
  • 企業説明会
  • 採用情報

企 業 情 報

中村被服 株式会社

事業内容

幼稚園・保育園等制服の企画製造販売
保冷ボックスの企画製造
学校・企業・官庁制服の販売

創業
1924年 (大正13年) 3月
資本金
6,000万円
代表者
中村 顕
本社
山口県防府市石が口2丁目9-1
従業員数
118名(令和元年9月)
売上高
23億円(令和元年8月)
コーポレートサイト
https://kirinji.co.jp
採用担当
企業採用担当者
代表連絡先
0835-22-3515

この求人を見た人はこんな求人も見ています

澤田建設株式会社

業 種
建設・建築
職 種
施工管理・現場監督/総合職

「地域貢献」を目指すなら、おすすめの企業! 地域の方の生活に役立つ建物・構造物を作るだけでなく、お祭りへの参加やイベント主催なども通して「地域の方の生活を豊かにする」存在です。大規模案件を多数手がけられるほどの安定さも魅力!

国際貿易株式会社

業 種
各種ビジネスサービス
職 種
総合職

山口県内で最も歴史のあるNTTドコモ代理店!店舗総合評価全国第1位にも輝いたことのある、全国のドコモの代理店の中で名前の知られた企業です!

株式会社ミッドフォー

業 種
通信・インフラ
職 種
総合職/販売・接客/施工管理・現場監督

県内の急成長企業で「次世代のリーダー」を目指しませんか?そのために、ステップに合わせてリーダーシップを養える研修をご用意。これまでの挑戦の歴史を受け継ぎ、未来へ繋いでくれる存在になるのは、あなたです。

株式会社西京銀行

業 種
金融系
職 種
総合職

働く上で「自己成長」「地域貢献」を重視したい方、必見!自己啓発の時間を確保できるように残業時間を削減、地方創生の取組など、社員の成長・地域の発展に寄与する取り組み・制度が魅力です。

気になる エントリー インターン申込み 企業説明会申込み
インターン申込み 企業説明会申込み 気になる エントリー